建物の耐久性を損ねる雨漏り問題~シロアリなどの二次被害も現れる~
価格が異なる業者の検査~無料での目視検査も選べる~
紹介サイトで雨漏り修理業者を見つけられる【ネットでお手軽検索】
自分で安く行なえる!雨漏りを防ぐ効果的な対処方法

素人では真似できないプロの技!雨漏り修理業者の検査方法

窓のサッシ以外の雨漏りも無料調査で早期解決

住まいによっては雨漏りが発生している所が複数ある場合があります。原因や場所を特定するためにも業者に調査してもらいましょう。

雨漏り修理前の調査内容

見ながら確認
依頼者に雨漏りが起きている場所を尋ね、雨水の侵入口を推測して目視によって確認します。調査費用の相場は0円から3万円となっており、業者が無料調査を謳っている場合じは大概この目視検査のみとなります。
雨漏りを再現
目視検査後、業者は実際に水を掛けて確かめる散水検査を行ないます。依頼者宅の水道を用いて、ホースなどで屋根や外壁のヒビ割れ、窓やサッシの劣化したコーキングへ水を掛けて調査します。費用は3万円から18万円です。
温度差で場所を特定
家を高感度サーモグラフィー機器で撮影することで、雨漏りが起きている場所を同定します。通常建物内は一定の温度で保たれますが、雨漏りが起きていると、水によってその部分だけが冷えるため、すぐに雨漏りを起こしている場所がわかります。費用は18万円から35万円です。

まとめ

調査によって費用は大きく変わります。予算にあわせた調査方法を選びましょう。

散水調査について


散水調査は自分でもできますか?
一見して水を掛けているだけに見えるため、簡単そうに見える散水調査ですが、しっかりと検査を行なうには熟練の技術と知識が不可欠です。業者でなければ再現することはできないことが多いので、雨漏り検査は無理せず業者に任せましょう。

まとめ

雨漏りのチェック

検査は誰でも手軽にできるわけではありません。プロに任せることで、正確な検査結果がわかります。

TOPボタン